メリット・デメリット

施主支給

HOME > 施主支給:メリット・デメリット

施主支給のカテゴリーを選んでください。

メリット

商品価格・コストを抑えられる
第一に、安く購入できるケースが多いことも魅力のひとつです。施工会社で扱いのあるモノでも、ネットなどで探せば安く購入することができたりします。
また、現在使っているアイテムを支給して、単純に工事のコストを抑えるということもできます。

建築会社・リフォーム会社で取り扱いが無い商品が使えること
建築会社や住宅メーカーによっては「オリジナル」や「パック」商品として取扱う資材や商品・アイテムを限定している場合があります。ある程度商品を限定することで仕入れコストが抑えられて、結果的にお客様になる施主にもコストメリットが生まれまています。
しかしその反面、施主にとっては商品・アイテムの選択の範囲は狭くなります。
そこで施主支給を行うことで、自分好みの商品を選択するということです。

デメリット

手間が掛かる
この事に尽きるかと思います。商品を自分で調べたり、確認する作業(手間)が出ます。情報収集には、それなりの時間とパワー、知識が必要になること。また、窓口が施工会社と商品の購入先とのふたつになるため、施工会社への説明の際、「図面や施工説明書」などをあらかじめ必要だったりします。また、商品納期調整を施主が行うということもあり、やスケジュールの調整など、細かな作業が伴うことも。その他、商品購入時に代金を支払うことになるので、その準備も必要になるでしょう。

前のページに戻る
ページの先頭へ